再生医療と薄毛治療 > 生活習慣

生活習慣

薄毛には生活習慣が大きく関わってきます。
例えば、睡眠についてです。
夜の10時から翌2時は細胞の働きが活発になりますが、
仕事や勉強などでこの時間に睡眠をとるのが難しい人は多くいることでしょう。
昼に受けた紫外線やストレスなどをリセットするためにも、
できるだけこの時間は睡眠をとるようにしてください。
睡眠は人間の根本的な生理現象であり、
これが崩れてしまうと薄毛に関わらず体の機能のすべてが悪くなってしまうことでしょう。
次に、お酒やたばこは育毛を妨げる原因となります。
お酒は少量であれば血行を促進し、結果的には効果に関係してくるかもしれません。
しかし、大量に飲むことやたばこは体に害を及ぼすと証明されていますし、
度を越えるものは周囲の人に迷惑をかけることになります。

意外に見落としがちなのが、趣味に関係することです。
例えばバイクがお好きな人であれば、
ヘルメットをかぶることにより頭皮が蒸してしまい発疹や抜け毛の原因となってしまいます。
また、サーフィンやスイミングなどの趣味がある人は、
頭皮が日焼けしたり塩分や塩素で髪のコシやツヤが失われてしまう傾向にあります。
趣味はストレスを発散する良い機会なのですが、このような状態に頭皮が晒されたあとは、
人よりも頭皮ケアを念入りにすることをお勧めします。

また、朝にシャワーを浴びることも危険だといわれています。
朝起きてシャワーを浴びるのは目覚めとしても良いものですが、
朝は時間に追われていたりしてすすぎ残しがあったり、
ドライヤーで乾かすのが適当になってしまうことがあるため、できれば避けたいことです。

グロースファクターの治療を医師から受けているだけで安心せずに、
常に自分の頭皮や髪の毛について意識をもって生活することが
早く効果を感じることができる近道です。