再生医療と薄毛治療 > アレルギーや副作用について

アレルギーや副作用について

副作用が発生しないのが、グロースファクターの強みです。
先進的な治療方法は、副作用やアレルギー、
体質などによって処置ができないことが多くありますが、
これには心配が必要ありません。
しかし、グロースファクターには副作用が出なくとも、
スタンプの為にごく稀ではありますが、湿疹や発疹、気分のムラなどが出ることがあります。
湿疹や発疹がでても慌てることはありません。
基本的にはすぐに治まりますので、しばらくそっとしましょう。
また、治療を行うのは医療機関だけですから不安に思うことはすぐに相談できます。
もしそのような症状が発生してしまっても、すぐに見てもらえるので安心ですね。

薬剤を肌につけるのではなく、肌内部に針で注入していくタイプなので、
肌荒れを心配することがありません。
そのため、女性にもおすすめできます。
今までの薄毛・育毛治療は薬剤に刺激があるため、
肌が敏感な女性には不向きだといわれてきました。
しかし女性も薄毛や育毛に悩む人は多いですし、
年齢を重ねてもおしゃれを楽しみたいものです。
ウィッグなどの方法もありますが、自分の髪の毛に馴染まなかったり、
蒸れてしまって発疹の原因となる可能性もあります。
そもそもウィッグはカラーリングができませんので、
髪色も限られてしまうなど、不自由が生じます。
その点、グロースファクターでは自分の毛根に成長因子などを与えて刺激をし、
自分の髪の毛を育てるのでカラーリングなども自由にできることでしょう。

しかし、注意したいのが元々アレルギー体質の人です。
事前検査でアレルギーなどのチェックは行いますが、
自分が気になっていることは医師に相談することが大切です。
自己報告をしなかったばかりに反応が過剰に出てしまう可能性もありますので、
きちんと問診を受けるようにしましょう。