再生医療と薄毛治療 > 治療について

治療について

グロースファクターという言葉を初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか。
該当する人は、治療方法も想像がつきにくいかもしれません。

まずは、問診をします。
クリニックによってはカウンセリングといっているところもありますが、
これは今の生活習慣や食生活、いつ頃から薄毛に悩んでいるのかなどを質問されます。
そして、どの部分をどのくらいまで育毛するのかなどの結果を
お互いが納得できるまで相談しましょう。
簡単な質問ですので、あまり緊張せずにありのままを答えてください。

次に検査にうつります。
これは血液検査や血圧検査など基本的なことです。
このとき血液検査をするので、前日の暴飲暴食は避けるようにしましょう。
医療機関なので、事前に検査をしておく必要はありません。
当日にその場所で検査を受けることができます。
男性は遺伝が強い場合があるので、遺伝子検査も血液検査の中に含まれます。

1回の実際の治療時間は、約10分です。
方法としては成長因子を少しずつ塗り、スタンプのようなものを頭皮に当てます。
これには目には見えない細かい針が無数にあり、
この針が頭皮に刺さりることで、穴から直接育毛成分を注入していきます。
痛みは少ないのですが、どうしても痛いのが苦手の人は麻酔を受けることもできます。
麻酔はオプションとして別料金になることがあるので、
問診や予約のときに確認しておきましょう。

治療後はその部分の血行が良くなるため、熱を持ったり熱く感じることがあります。
針のせいで稀に内出血を起こすこともありますが、すぐに治るので安心してください。
基本的な治療期間は3か月から半年ほどで、
だいたい2~3週間に1度のペースで通院するのが一般的です。
そのため、通える範囲で病院を探すことが一番のポイントとなります。
個人差はありますが、通院して3回目ぐらいから効果を感じられるようになるでしょう。