再生医療と薄毛治療 > ES細胞とiPS細胞

ES細胞とiPS細胞

再生医療を支えているもののなかに、ES細胞とiPS細胞というのがあります。
iPS細胞は近年ノーベル賞を受賞したことで、一般的にも認知度が上がりました。
ちなみにiPS細胞の「i」だけなぜ小文字なのかというと、
iPhoneやiPadなど最初の文字が小文字である商品がヒットしているのを受け、
たくさんの人に愛される細胞になってほしいとの思いが込められています。

iPS細胞は自分の細胞を自分に使用することができます。
移植時に発生しやすい、拒絶反応が起こりにくいという報告があります。
ES細胞は受精卵を使用して再生することがあります。
この受精卵は赤ちゃんの元となるものであり、
これを使用するのは倫理的に問題があるとの見方があり、議論されています。

グロースファクターは発毛や育毛のために、成長因子に刺激を与えます。
そしてこのES細胞やiPS細胞で頭皮などの皮膚を再生されることにより、
より高い可能性で効果が得られることが考えられます。
薄毛は体質や遺伝・年齢などが関係しており、
自分のケアだけでは進行を防ぐことは難しいとされています。
グロースファクターと再生細胞による治療を受けることで、
それまでの概念を覆すことができるでしょう。

新発見の方法は治療費が高くなる傾向にあります。
これは技術を持った医師や機器がそろっていないのが原因と考えられます。
来たるその時のために、今から貯蓄を増やすことも、薄毛対策になることでしょう。
これらはまだ計画・実験段階であり、
私たちが気軽に利用出来るようにまでは時間がかかります。
しかし日本の医療は日々進歩しており、
気付かないうちに驚くべき進化を遂げていることがあります。