再生医療と薄毛治療 > トップページ

再生医療をご存知ですか

再生医療とは、ダメージを受けた生体器官に幹細胞などを使用して、
復元または健康な状態に近づけることをいいます。
幹細胞という言葉は聞きなれないかもしれません。
幹細胞は、自分と同じ細胞を分裂することによって作ることができる細胞です。
また、まったく違う細胞が減ったときやなくなったときに、
必要な細胞に姿を変えることもできます。
この再生医療が主に用いられているのは、
マッチングする可能性が極めて低いといわれている臓器移植などがあります。
また、コンタクトレンズなどで角膜が負傷したときに、
口内の粘膜などを使って再生することも可能になっています。

グロースファクターも再生医療といえるでしょう。
育毛に不可欠な成長因子が不足しているため、
髪の毛が細くなってしまい結果として髪のボリュームダウンに繋がります。
この成長因子に直接働きかけ、シグナルを正常に戻させることができます。
このシグナルというのは、育毛や発毛に必要な栄養を得るために血液に指示を送ることです。
そのほかの原因にも成長因子が関係していることがありますが、
様々な原因に対応できるのが、グロースファクターの魅力といえるでしょう。

グロースファクターは再生医療ですので、医療機関のみでの治療となります。
またこの方法はまだ完全に浸透しておらず、
使用する機器もアメリカの会社から取り寄せるため、扱っている医療機関は限られてきます。
薄毛に悩んでいる人はたくさんいますので、予約なども取りにくい可能性があります。
事前に調べ、早めに行動に移すことが必要です。


Eptrophil_468-60
エピトロフィルGF
Epitrophil GF